Event is FINISHED

【10/23(金)〜25(日)】旧東京電機大学跡地(神田)で3日間限定の架空の街をつくる。TOKYO BURN by Burning Japan

Description

※当日券、テント当日券販売しています。 参加ご希望の方は会場までおこしください


アメリカ・ネバタ州で開催されているBurning Manと同じビジョンで開催する日本のローカルイベントBurning Japanのスピンアウト企画。東京の真ん中にある東京電機大学跡地(神田)の更地になった何もないアスファルトの上に3日間だけの架空の街をつくる。Burning Japanとは異なり、TOKYOの日常と、BURNの世界が交錯する試み。参加するためのガイドラインは「10の原則」と「TOKYO BURNのガイドライン」をよく読んで。アート作品やパフォーマンスに加え、暮らしに必要な全てを持ち込んで、3日間限定の架空の街を共に作ろう。


[ TOKYO BURNのガイドライン ]
東京の日常と、BURNの世界の狭間のチャレンジ。

1、音について。アンプを使ったパフォーマンスは今回はなし。アコースティックに楽しみましょう。また夜20時以降はサイレントナイトで、隣人との仲を深めましょう。

2、火について。火を使ったパフォーマンスは今回はなし。それぞれの心で燃やしましょう。また、LEDなど光り輝くアイテムを活用するのもいいかもしれません。

神田の街のド真ん中での開催という事で、Phoenix Burnは無く、アンプや火を使ったパフォーマンスもNG、夜20時以降はサイレントナイト仕様になるなど、いつものBurningJapanとは、ちょっと違います。
「何も出来ない」と取るか「じゃ何が出来るだろう」と取るかは参加者のあなた次第。
我々にとっても初めてのスピンオフでチャレンジ満載ですが、いつものBurning Japanの様に、「10の原則」に則った上で是非色々と考えてみてください。




※詳細は「よくある質問」をご確認ください。




【良くある質問】
■1日券はありますか?
3日間の通しチケットのみとなります。期間内は再入場可能です。


■会場内に何がありますか?
主にキャンプ場所と仮設トイレ、水道。
電気等の提供はありません。キャンプ道具のレンタルもありません。滞在中のサバイバルに必要な物は全て持参してください。
運営側で用意するのは、ゲートでの受付、センターキャンプ(ステージ、インフォメーション)です。
それ以外に関しては参加者が個人で、キャンプで提供しているサービスが多々あります。

■最低限の持ち物って何ですか?
・チケット、交通費。
・テント、寝袋といった寝る所の確保。
・食糧、飲み物。(出店はありません)
・雨具、懐中電灯、救急セットなど。
・ゴミ袋、携帯灰皿。(ゴミは持ち帰り)
そのほか、どんなモノを持って行ったら良いのかは、[Burning Japan サバイバルガイド]を参考に。


■食糧はどこで手に入れる事ができますか?
会場内では、金銭のやりとりがありません。飲食販売などの出店もありません。必要な食糧・水は入場前に、近隣のスーパー等で購入しておくと便利です。食糧は必要な量を揃えてからの入場をオススメします。

■荷物を預ける所はありますか?
コインロッカー等の設備はありません。各々の車やテントなどで管理してください。イベント中はボランティアスタッフが見回りも行いますが、紛失・盗難等は運営側での責任は負いかねます。

■ゴミを捨てる場所はありますか?
ゴミ箱は設置しません。お持ち帰りください。Burning Manでは「Leave no trace (自分がいた痕跡を残すな)」と言って、参加者各自が徹底的にゴミ拾いをして帰ります。

■キャンプファイヤーできますか?
NGです。ただ焚き火程度であれば問題ありません。
その際、直火ではなく、必ず焚き火台をご用意ください。
灰や燃えかすを受けるものを敷いておくと最後の掃除がしやすくなります。会場はもとよりキレイにして返すのがBurning Japan流です。

■参加者が表現するって、どんな事をしたら良いですか?
自分がやってみたいと思っていた事をかなえてみましょう。表現の良し悪しをジャッジする人はいません。アートやパフォーマンスなんかやった事ないという人の初めての挑戦も大歓迎です。

どんな表現でも歓迎とはいえ、以下の4つはご遠慮ください。
・法律違反、会場内の参加者のみならず、地元コミュニティに迷惑のかかる事
・アンプを用いたパフォーマンス
・火気を用いたパフォーマンス
・他の参加者の活動の途中で邪魔に入ったり、作品を壊す事

いくつかアドバイスするならば「インタラクティブ」な要素があると、皆を巻き込んでいく事ができます。見るだけでなく触って動くもの、一緒に動いたり乗ったりできるもの、やる人見る人の垣根を超えて盛り上がるものの事です。

■ペットをつれていってもいいですか?
ペットも家族なのはよく分かりますが、Burning Japanには入場いただけません。会場内は立ち入りを禁止する建設物もあり、迷子になった場合はボランティアの見回りをもってもカバーしきれません。可愛い子ならなおさら、お留守番を。ゲートまで連れてきてもお帰りいただきますので、どうぞご理解ください。

■ノンプロフィット(非営利)という事ですが、チケット代金等は何に使われているのでしょうか?
Burning Japanの制作、運営はすべてチケット代金だけでまかなわれています。会場使用料や仮設トイレ、センターキャンプの機材レンタルやフェニックスの制作などにあてています。ファイナンスレポートはウェブサイト上で発表します。

また、Burning Japanでは従来の広告や宣伝手法などからも距離を置いているのでスポンサーがいません。チケット代金だけが収入源で、イベント制作でも実費と言ったほうが良いものに充てられ、現場でのボランティアであろうと年間を通じて活動する運営チームであろうとすべてが無償のボランティアで賄われるので人件費を払っていません。一口にノンプロフィットと言っても相当シンプルで、かつユニークな運営形態だと思います。

チケット代金がイベント経費を上回った場合は、Burning Japanのコミュニティに還元できるよう、より継続的なイベント制作のための組織作り(法人化、商標登録取得)やコミュニティ内のアート制作の支援(アートグラント)および次年度の予算として利用します。


【注意事項】
・法律で禁止されている危険物、薬物等の持ち込みは禁止いたします。

・会場内での怪我、紛失等、いかなるトラブルに対しても責任を負うことはできません。ご了承ください。

・チケットの払い戻しは一切行っておりません。*荒天による延期、中止の場合も含みます。(判断日時 2015年10月22日(木)20時)

・本イベントや注意事項は、主催者の判断により、予告なく変更される場合があります。変更があった場合はオフィシャルサイト(http://burning-japan.com/tokyoburn)上で告知させていただきます。

・チケット購入後の払戻しやキャンセル、変更等出来ないので、購入の際に間違わないようご注意ください。ただ、購入後のチケットの譲渡は可能です。

・ジェネレーターの持ち込みについて以下の注意事項を必ずお読みください。持ち込んだジェネレーターに起因する事故や怪我などのあらゆる損害に対して、主催側は一切の責任を負いません。

・ガソリンなど危険物の取り扱いには十分に注意してください

・ガソリンをポリタンクに入れて持ち運ぶことは法律で禁止されています。専用の携行缶をご使用ください

・ジェネレーターへのガソリンの移し替えは、周囲に人がいないことを確認し、運転を停止した上で十分に気を付けて行ってください

・発電機をテントや設備から1m以上離してください。使用中は、排気がテント内に入らないように注意してください

・周りに油脂や、わらや紙くずなどの燃えやすいものを近づけないでください

・発電機の周囲を囲ったり、箱をかぶせたりしないでください。発電機や接続する電気機器に損傷を起こすだけではなく、思わぬ事故を起こす可能性があります

・薬物について、法律で禁止されているものの持ち込みは一切できません。(脱法ハーブ、合法ハーブと呼ばれているもの)等の持ち込みも禁止しています。 発見した場合は、警察に通報した上で即座に退場していただきます。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-10-23 14:13:53
More updates
Oct 23 - Oct 25, 2015
[ Fri ] - [ Sun ]
5:00 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
旧東京電機大学跡地
Tickets
前売入場券(3日間) ¥3,200
テント券(テント一張につき1枚) ¥2,000
Venue Address
東京都千代田区神田錦町2-2 Japan
Organizer
Burning Japan
721 Followers